EYEVAN7285でメガネを探す|トレンドを意識したデザインも

女性

視力低下を支える

眼鏡

きちんと自分に合ったものを選びましょう

視力が悪くなってきて物や人が見えにくいと感じた時、はじめに思いつくのがメガネを買うということかと思います。メガネは、手軽に視力の補正をしてくれて、必要な時だけかけることができるので一つ持っているととても重宝します。そんなメガネですが、みなさんはどのようにして購入していますか。正しいメガネの選び方について紹介します。まずは、きちんとかかりつけの眼科で目の検査や視力をはかってもらいましょう。目に異常がある場合にはメガネをかけることができませんし、度数の合っていないメガネをかけていると肩こりや今以上に視力が低下してしまうことがあります。他に、自分に合った形やデザインのものを選ぶというのも大切なポイントの一つです。

メガネにも寿命があるの

突然ですが、みなさんはメガネにも寿命があることをご存知ですか。一度買ったらずっと使うという印象ですが、実は1〜2年が寿命と言われています。その理由はいくつかあり、まずは視力の変化による買い替えです。同じメガネをずっと使っていると目が慣れてきて、少しずつ見えにくく感じる場合があります。そういった時にはすぐに買い替えが必要です。つぎに傷や汚れがついた時です。大切に使っているつもりでも思わぬところで傷つけてしまったり、汚れてしまったりするものです。意外と知られていないのですが、お風呂場などで使用すると湯気などの熱と湿気でメガネが傷んでしまうのです。ですから、メガネは日頃から大切に使いましょう。